大阪で違法民泊の差し止め訴訟が提起されました

大阪で違法民泊の差し止め訴訟が提起されました

大阪ミナミの分譲マンションで、管理規約に違反して「民泊」を営業したとして、そのマンションの管理組合が、計5部屋の所有者や仲介業者を相手取り、民泊営業の差し止めと約3200万円の損害賠償を求める訴訟を起こしました。
大阪府及び大阪市では国家戦略特区の民泊が導入されていますが、今回の5部屋はその認定も受けていないとのことです。提訴内容が事実であれば、旅館業法違反にも該当します。
特区民泊では、分譲マンションで認定を受けようとする場合は、管理規約で民泊が許されている必要があります。従いまして、今回のマンションでは特区民泊の認定も取得できないものです。
最近では、このような違法民泊の通報が急増しているとのことですが、訴訟まで起こされたのはおそらく初めてと思います。今後の展開に注意が必要です。
(2017年8月4日)

 

トップページへ

問合せ


 お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ


     アルソス行政書士事務所

     TEL06-6753-9005

       *無料相談対応中

HOME サービス内容 事例紹介 事務所概要 プロフィール 料金案内 メール問合せ