大阪でものづくり、製造業に精通した行政書士

行政書士とは?

弁護士、税理士、司法書士など、いろいろな「士業」と呼ばれる方々がおられますが、
中でも「行政書士」は最も仕事がわかりにくいのではないでしょうか?
行政書士の仕事を一口で言うと、①役所関係の手続き②会社や個人の取り決め
に必要な各種書類の相談、作成です。
具体的には、以下のように、何かをしたい、決めたい、変えたいといった各種場面で、
一般の人から個人事業主、会社関係者まで様々な方のご要望やお困り事のお役に
立てるものです。

 

①役所関係の手続き代行
建設業、不動産業、介護サービス業など許可や免許が必要なものが多数あります。
また、飲食店、スナック、リサイクルショップ、ドラッグストア、美容院など各種お店を
開業しようとすると、やはり色んな手続きが必要になります。
さらに、会社の人手不足解消のため、外国人を雇用する場合には在留資格に関する
手続きが必要です。

 

②会社や個人の取り決め
会社では定款、社内規定、契約書など、個人では契約書、内容証明、遺言書など、
権利や事実を証明するための各種文書が必要になります。

 

行政書士にこれら業務を依頼されるメリットとしては、各種手続きや書類作成に精通して
いることはもちろんですが、必要な文書(戸籍、住民票、身分証明書、納税証明書など)
の取得、役所への相談、申請や許可証等の受領などすべて代行できますので、平日に時間をとって出向く手間が省けるということもあります。
また、外国人の在留資格(ビザ)関係の手続きでは、通常ご本人が入国管理局に出頭する
必要がありますが、行政書士(申請取次の届出者)に依頼すれば、出頭が不要
なります。

 

ページの先頭へ

問合せ


 お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ


     アルソス行政書士事務所

     TEL06-6753-9005

       *無料相談対応中

HOME サービス内容 事例紹介 事務所概要 プロフィール 料金案内 メール問合せ