大阪で宅地建物取引業、宅建業免許なら

宅建業免許

お客さんに対して、他人の宅地や建物を代理や仲介により売買、交換、貸借する場合、
又は自分の宅地や建物を売買、交換する場合には「宅地建物取引業」の免許が必要
です。(自分の宅地や建物を貸借する場合は対象外です。)

 

免許を取るための主な条件
<人員>
宅地建物取引士:事務所ごとに有資格者が専任で1名
政令使用人:本店以外に支店等を設ける場合にその店の代表者として1名必要
(資格等は不要、宅地建物取引士との兼務も可能)
<保証金など>
・保証協会の分担金、入会金等:150万円程度
(顧客への損害賠償の備えとして、保証協会への入会、又は供託金1,000万円(本店用)が
義務付けられています。)
<場所>
・営業用の事務所(自己所有又は賃貸借)

 

申請費用:実費3.3万円+弊所報酬15万円~

 

ページの先頭へ

手続の流れ

宅建業の免許取得までの手続の流れを示します。免許条件の確認から、申請書類作成、役所への提出・説明、保証金関係手続き、免許証交付まで全面的にサポートさせていただきます。

 

①許可条件の確認
宅地建物取引士、営業所、保証金準備など免許取得に必要な条件を確認させていただきます。免許取得が可能な場合、申請費用のお見積をさせていただきます。
   
②必要書類のご提供
申請書作成に必要な書類(以下一例)をお知らせしますので、ご提供お願いします。
・宅地建物取引士の資格、専任性などの書類
・営業所の賃貸借契約書(賃貸の場合)
・定款、決算書(法人の場合)
役所から取り寄せる各種証明書については、当事務所にて手配します。
   
③現地確認
営業所に出向き、建物及び内部の外観写真を撮影します。
   
④申請書類一式の作成
②及び③に基づいて申請書及び添付書類を作成します。お客様には必要な個所にご捺印をお願いします。
   
⑤申請書類の提出
役所(営業所の所在地の都道府県庁)へ申請書類一式を提出します。保証金について、保証協会へ加入する場合は入会手続を始めます。
   
⑥役所での書類審査
通常5週間程度かかります。⑤~⑥の段階で、もし役所から補正の指示があれば対応します。
   
⑦免許の通知
審査を通過して、役所から免許を出しますという通知がされます。
   
⑧保証金手続
保証協会への分担金納付手続、又は営業保証金の供託手続を行います。
   
⑨免許取得
⑧の手続完了を役所へ届け出て、ようやく免許証が交付されます。

 

ページの先頭へ

問合せ


 お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ


     アルソス行政書士事務所

     TEL06-6753-9005

       *無料相談対応中

HOME サービス内容 事例紹介 事務所概要 プロフィール 料金案内 メール問合せ