大阪で風俗営業許可申請、深夜酒類提供届

風俗営業許可

風俗営業

スナック、パブ、クラブ、キャバレーなどお客様に「接待」をするお店を開業するには、公安委員会(管轄の警察署)の風俗営業許可が必要です。また、保健所による飲食店営業許可も必要です。
(接待とは、談笑やお酌、ダンス、歌と手拍子など、特定の客をもてなす行為で、通常の飲食店や居酒屋などでは禁止されています。)
許可を取るための条件として、最もシンプルな1号営業(スナック、パブ、ラウンジなど)について以下に示します。

 

<人員>
・管理者:お店ごとに1人必要
(資格は不要なので、オーナー・店長などでOK。但し、飲食店営業許可の方で食品衛生責任者の資格者が必要なのでご注意ください。)
<場所>
・用途地域が、商業地域、近隣商業地域、工業地域、準工業地域であること(原則)。
・お店の近くに(50~100m)、保全対象施設(学校、保育所、児童福祉施設、病院、図書館など)がないこと。
<お店の構造>
・客室の床面積:9.5㎡以上(和室)、16.5㎡以上(その他)。客室の数が1室だけの場合はこの条件は適用されませんが、正確な面積測定が必要です。
・客室内設備:見通しを妨げる設備(概ね高さ1m以上のカウンター、仕切り、つい立て、、背の高いイス、鉢植え等)を設けないこと。
・客室の明るさ:5ルクスを超えること。
・客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること。
・騒音又は振動:50デシベル程度以下。
・飲食店営業許可のための設備:2槽のシンク、湯沸かし器、手洗い場、食器棚、排水溝など
<その他>
・お店が賃貸借の場合、大家さんの使用承諾書が必要。

 

*申請費用:実費2.5万円程度+弊所報酬15万円~

 

上記のほか、2号~5号営業、深夜酒類提供飲食店営業開始届出も対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

ページの先頭へ

問合せ


 お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ


     アルソス行政書士事務所

     TEL06-6753-9005

       *無料相談対応中

関連ページ

建設業
建設業について、許可が必要な事業規模、許可取得の条件などを説明いたします。
宅建業
宅地建物取引業(宅建業)について、免許取得の条件などを説明いたします。
貨物運送事業
貨物自動車運送事業許可の条件及び手続きの流れ、貨物利用運送と貨物軽自動車運送の申請条件を説明いたします。
運転代行業
自動車運転代行業認定の概要説明です。
自動車関係手続
名義変更、住所変更、ナンバープレート変更、車庫証明、出張封印などの自動車登録関係手続の説明です。
特区民泊
大阪府、大阪市における特区民泊の認定(許可)のための物件の条件、手続きの流れ、申請書類を説明しています。
古物商
中古品の取引をするには「古物商」の許可が必要です。
接骨院
接骨院開業のための許認可など概要説明です。

HOME サービス内容 事例紹介 事務所概要 プロフィール 料金案内 メール問合せ