大阪の株式会社、合同会社、宗教法人、医療法人などの設立、変更など支援

会社設立支援

会社設立新しい商売や事業を始める時に、「個人」としてやるのか?
「会社」を造った方が良いのか?ということも気になるところです。
一般的には、「個人」として始めて、軌道に乗ったところで
「会社」に移行するのが良いかと思います。
会社設立にはかなりの費用(例えば、株式会社では実費だけで
20万円以上)がかかります。
運営にも費用(社会保険料、様々な手続き費用など)がかかります。
物事を決める手続きも煩雑になりますので、慎重な検討が必要です。
一方、「会社」にすれば、金融機関や取引先の信用、税金対策、個人の
責任限定など、メリットも大きいです。
また、役所の許認可で「会社」であることが条件である場合もあります。

株式会社

会社の中で最も知られているものです。対外的な信用も大きいです。
「株式会社」設立の主な留意点
-出資者:1名以上
-取締役:1名以上
(上記をお一人でまかなって、一人だけで設立が可能)
-資本金:1円以上(対外的には100万円程度以上が望ましい)
-役員の任期:2~10年(変更なしでも任期ごとに登記手続きが必要)
-設立費用:実費20万円程度+弊所報酬10万円程度

 

ページの先頭へ

合同会社

株式会社に比べてあまり知られていませんが、設立費用が安価、役員の任期がない、
決算公告の義務がないなど、比較的小規模な会社に向いています。
「合同会社」設立の主な留意点
-出資者:1名以上
-社員(役員):1名以上
(上記をお一人でまかなって、一人だけで設立が可能)
-資本金:1円以上(対外的には100万円程度以上が望ましい)
-役員の任期:なし
-設立費用:実費6万円+弊所報酬10万円程度

 

ページの先頭へ

その他法人

一般社団法人、宗教法人、医療法人などの設立、規則変更や定款変更の許認可手続きをサポートさせていただきます。

 

ページの先頭へ

会社設立手続きの流れ

会社設立について、株式会社を例にとり手続の流れを示します。

 

①定款の作成
会社設立に必要な事項として、商号(会社名)、本店所在地、事業内容、資本金、発起人(出資者)と出資金の割当て、取締役などをヒアリングさせていただき、「定款」という会社の規定にまとめさせていただきます。
ここで、許認可が必要な事業を予定されている場合は、その条件に合った規定内容(事業目的、資本金など)にする必要がありますので、ご注意ください。
   
②定款の認証
本店所在地を管轄する公証役場に出向いて、定款の認証手続きをさせていただきます。この際、公証人による認証手数料として5万円程度必要になります。
   
③資本金の払い込み
金融機関の発起人個人口座に所定の資本金を払い込んでいただきます。
   
④設立登記書類の作成
会社設立に必要な登記申請書類を作成させていただきます。申請書類に会社の実印をご捺印いただきますので、この時までに印鑑をご用意いただく必要があります(当事務所にて手配も可能です)。また、登録免許税として15万円必要です。
   
⑤設立登記申請
提携している司法書士により、本店所在地を管轄する法務局に会社設立の登記申請を行います。法務局の混み具合にもよりますが、申請後1~2週間で登記が完了します。
   

⑥設立後の手続き
税務署での法人設立届など税金関係手続き、年金事務所での社会保険関係手続き、金融機関での法人口座開設などを行う必要があります。

 

ページの先頭へ

問合せ


 お問合せ・ご相談はお気軽にどうぞ


     アルソス行政書士事務所

     TEL06-6753-9005

       *無料相談対応中

関連ページ

許認可申請
商売や事業開始に必要な許認可、建設業、宅建業、貨物運送業、運転代行業、民泊、古物商、自動車登録手続などについてご説明致します。
外国人関係手続代行
在留資格(ビザ)の申請や変更、永住や帰化の許可申請についてご説明致します。
遺言書、遺産相続手続代行など
遺言書作成、遺産相続手続、法定相続情報証明制度、内容証明、車庫証明、その他身のまわりや役所関係の手続きについてご説明致します。
ものづくり支援
長年のメーカー実務経験に基づき、製造業、ものづくり企業の各種支援(補助金申請、経営革新計画作成など)をさせていただきます。

HOME サービス内容 事例紹介 事務所概要 プロフィール 料金案内 メール問合せ