運送業で貨物と旅客の混載の規制が緩和されました

運送業で貨物と旅客の混載(貨客混載)の規制が緩和されました

国交省では、自動車運送業の生産性向上として、いわゆる「貨客混載」の規制緩和を始めました。「貨客混載」とは、貨物と旅客を混載して運ぶというもので、旅客運送事業者がバスやタクシーで貨物を運送したり、貨物運送事業者がトラックで旅客を運送したりできるものです。
今後、乗合バスについては全国で、貸切バス、タクシー、トラックについては過疎地域において、一定の条件のもとで貨物と旅客運送の「かけもち」を行うことができるようになりました。

 

詳細はこちら

 

(2017年9月1日)

 

トップページへ


HOME サービス内容 事例紹介 事務所概要 プロフィール 料金案内 メール問合せ